住宅ローンの借り換え

一生のうちで一番大きな買い物と言われるものが住宅の購入です。現金で買うことが出来れば良いのですが、一般家庭ではそうは行きません。我が家も20年以上前に住宅ローンを組みました。かなり金利も高く、土地も値上がりしていました。

所謂、バブル期の末期に購入したことになります。月毎の返済額は12万円でした。購入してから、10年後には子供の高校や大学入学となり、住宅ローンの負担が大きく圧し掛かりってきました。金利はどんどんと下がり始めました。住宅ローンの借り換えを行い大分返済額を減らすことが出来ました。